株式会社国際介護予防センター

▶ お問い合わせ

心身バランス計

心身バランス計とは

  1. 心身バランス計は、「平澤彌一郎先生の理論」に基づき、(株)タニタがハードを、当社がソフトを提供して開発したものですが、医療機器ではありません。タニタ製の体重計 BM-200に当社が独自に開発したアプリケーションソフトを組み込んだ重心動揺測定システムです。
  2. この心身バランス計は、認知症やうつ病、脳卒中などの早期発見と運動療法などによる改善状況を確認することが出来ます。

心身バランス計の構成

心身バランス計は、重心移動センサー、描画機能、数量化の計算式などを搭載し、心身バランス計専用に開発された体重計BM-200に、アプリケーションソフトを組み込んだ重心動揺測定システムです。「心身バランス計」の操作には、別途、お客様がご用意頂くウィンドウズ対応のパソコンとプリンターが必要です。

<ご注意>心身バランス計は医療機器ではありません。本機による計測だけでは医療や介護の保険点数が算定されるものではありません。

直立能力測定の手順

  1. アプリケーションソフトをパソコンに挿入し、取扱説明書に沿って設定する
  2. 心身パランス計を固く平らな場所に設置し、パソコンと接続、計測画面を表示する
  3. 被計測者は心身バランス計に足の位置を合わせて乗り、およそ2m先の1点を見つめる
  4. 被計測者は計測者の合図に従って、両足、右足、左足の順に測定する
  5. 計測者は計測の結果を印刷し、被計測者に見せて説明する
改善が目に見えるよろこび!

心身機能活性運動療法で予防・改善方法の指導を行い、心身バランス計で測定・評価して、健康増進のアドバイスを行っています。

▲上部へ戻る